旭ケ丘のお屋敷は役目を終えました。お疲れさまでした。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやしきのみにゃさん、どもありまと。おつかれさま。
2011年12月12日 (月) | 編集 |
札幌市中央区旭ヶ丘地区|飼主行方不明で取り残された21匹の猫達
   ↑ ぐっちゃんがお世話になったお屋敷のレスキューはこんなに大変でした。



ぐっちゃんの実家、旭ケ丘のお屋敷が 役目を終えたそうです。

お屋敷ブログの最後の記事を読んで、本当に大変なレスキューだったのだなと

りんだ隊長はじめ、お世話にかかわったみなさんのご尽力を思い

感謝とか、尊敬とか、ねぎらいの言葉とか、表現する術がみつからず

もう何をどう言ってよいのかわからないくらい胸がいっぱいになってしまって

ただただ、ぐっちゃんをぎゅーーーーーっと抱きしめてしまいました。


そして、もともとあの猫たちのお世話をしていたおばあちゃんが、

どれほど猫たちをかわいがっていたのかを垣間見て 涙がでました。


たくさんの猫たちの名前と命日を記したメモ。ていねいな文字で、おそらくは

その子たちの顔を思い出しながら書いたのでしょう。


キャパを越えた多頭飼いになってしまった経緯はわかりませんが、

一匹でも多く、寒さやひもじさや危険から守ってやりたい、そんな思いで保護し続けたのでは

ないでしょうか。

とても残念なことになってしまいましたが、不幸な猫を救いたいという思いは

おばあちゃんも、レスキューにかかわったみなさんも、きっと同じなのですよね。




ねぇぐっちゃん、あんたってばさ、外で野良ちゃんだったんでしょう?

う・・うん・・・・・? そだった・・・・けど・・・。


そっかー。辛かったもんね。忘れていいよね。

お屋敷に入れてもらえてからも、人間怖くてたまんなかったんだよね。


うーん・・・・。 そだったかにゃ?


ええーーー!? あんた、軍手なしでは手がだせなかったって言われるほどの

やけっぱち攻撃を繰り出してたらしいじゃん。



んんんんーーーーー。


いま、PCに向かっているわたしのヒザの上には、ぐっちゃんが座っています。

最近ぐっちゃんは、PCに向かうと必ず、ヒザにのっかりに来るのです。

無理やりにでものっかるのです・・・。

そして、最近のぐっちゃんは ほとんど人を怖がることがなくなりました。


お部屋のメンテナンスにやってくる電気やさんだのガスやさんだのが来ても、

平気でうろうろしています。

ここにやってきた2年前のぐっちゃんとは、大違いなのです。

ちょっとした『間違い』?から保護される身となったぐっちゃん。

お屋敷のお世話のみなさんのご尽力がなかったら、今ここにぐっちゃんは

いなかったでしょう・・・。ぐっちゃん、あんたも何かいいなさいな。



んと、おやしきのおせわのみにゃさん、

ぐずや、みんにゃにやさしくしてくれて どもありまとです。

たくさんありまとです。


らくようにいちゃんたちも、るーしーさんちにいけてよかったね。

るーしーさんが、ぐずをみーやんちのこにしてくれたんだよ。

やさしいひとのいるあったかいおうち、いいよねっ。








まだまだ、ツキネコカフェにもニャイダーハウスにも、おうちを待っているネコたちが

たくさんいます。 

ネコがいるとあったかいですよ。 こころもぽかぽかするんですよ。









スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。