旭ケ丘のお屋敷は役目を終えました。お疲れさまでした。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなでがんばろう。
2011年04月03日 (日) | 編集 |
札幌市中央区旭ヶ丘地区|飼主行方不明で取り残された21匹の猫達



震災の被害のあまりの大きさに、言葉を失ってしまいました。

札幌はほとんど地震の被害もなかったのですが、我が家に小さな異変がありました。

ぐっちゃんが、どういうわけかわたしのソファベッドに・・・・・

ちょっと「そそう」をしてしまった、という程度でなく、思いっきり大量の

おもらしを

トイレが汚れていてできなかったわけでもないのです。

遊んであげてもいたのです。 ぐっちゃん、どうしてなの・・・。






もしかしたら、日々の暗いニュースに、ずっしりと重たくなっているわたしの

気持が伝わって、ぐっちゃんも不安になっていたのかもしれません。

クライストチャーチの地震の報道をテレビで見ながら、ぐっちゃんに

言い聞かせていることがありました。

もし、地震や火事や、逃げなくちゃいけないようなことがおこったら、

meeyanにくっついてはなれたらダメだよ、約束だからね、一緒にいるんだよ。

それからほんの数日後に起きた大震災・・・。




ぐっちゃんは、二度目のそそうをすることもなく、普通に過ごしていますが、

私が腰をおろすとやってきて、ぺったりとお膝に座り込むようになりました。

最近は暖房を入れていないので肌寒いせいもあると思うのですが、

なんだか以前よりも、ぐっちゃんは甘えん坊になっています。

「みーやんにくっついていればあんしん」

そう、思っているのかな・・・・。


お母さんは、ぐっちゃんの信頼を裏切らないように日々がんばります。

自分の場所で、自分にできることを。 




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。