旭ケ丘のお屋敷は役目を終えました。お疲れさまでした。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こねこのこと。
2011年08月21日 (日) | 編集 |
札幌市中央区旭ヶ丘地区|飼主行方不明で取り残された21匹の猫達




ぐずべりです。

みーやんがめそめそしてるので あたしがかわりにおはなしします。

えと、このまえ、みーやんが ちっちゃくてまっくろのこねこさんをつれてかえってきたの。

みーやんのおしごとのちかくにいたんだって。

おいしゃさんはね、『きょうほごしてなかったら、あしたではだめだったね』っていったんだって。

ぐずや おやしきのねこ たくさんたすけてくれたおいしゃさんだよ。


みーやんね、ひとばんじゅう えいようみるくを すこーしずつ、すこーしずつ、あげてたよ。

ぜったいげんきになるって。

おとこのこだから やんちゃぼうずになるなー、ちゃんとおねえちゃんしてねって。


ぐずはそばにいけなかったけど、ちいさくて、かわいかったよ。




それでね、またびょういんにいったんだけどね。





かえってこにゃかったの。




おねえちゃんになりたかったにゃ・・・。






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
番頭さん よろしくね・・・(T-T)
きっとこの次は長生きにしてくれますよね。
短い短い猫生がつらくて苦しいだけのものだったかもしれない
あの子。そして、これまでの私の人生のなかで、助けることが
できなかった子は他にもいます・・。 
番頭さん、公平に、お願いしますね。 こんどはぬくぬく暮らせる
ように。 お願いします。 お願いします。


ポン兄、寝室に入れてもらえるようになって良かったね!
番頭さん、みんなにゃをこんな猫生にしてあげてくださーい!!
2011/09/04(日) 00:55:31 | URL | meeyan #-[ 編集]
本当に
meeyanさんにもぐっちゃんにも掛ける言葉が見つからず
コメントをできないままでいました・・・
私もmeeyanさんと同じくポン吉が元気で(しかもデブで)
我が家で暮らしているのは奇跡なんだなと思っていたところです

猫神の番頭さんはきっと
「はぁ~、ずいぶん急いで来ちまったな
 ま、そういうこともあるわな」と言いながら
サラっと次は長生きできるように事務処理してくれいることでしょう
あの番頭さん粋で素敵ですよね(^^)
2011/09/02(金) 21:47:29 | URL | チャペママ #-[ 編集]
(T-T)
くるさんには時々、号泣させられますよね・・・。
このお話も大好きです。 そして何度読んでも涙がどばーーっと
でるのです・・。 
そうだよね、もう苦しくないんだよね。

ちび黒くんはちゃんと猫神の番頭さんにごあいさつできたかな。
きっと、順番早すぎってため息疲れちゃっただろうなぁ・・・。

2011/09/01(木) 01:33:13 | URL | meeyan #-[ 編集]
はい、そうします(;O;)
感謝の気持ちを忘れないように気をつけます。反省。

それにしても黒猫ちゃん、ずいぶんしんどい状況だったのですね。
目がスッキリした時には、嬉しかっただろうなぁ。
もうご存じだとは思いますが、改めてくるねこさんの漫画を
ご紹介したいです。
http://blog.goo.ne.jp/kuru0214/e/71bbb72ad0b9269f264110257780017f
沢山泣いて、また、頑張りましょう。
2011/08/31(水) 00:00:10 | URL | 涼風 #-[ 編集]
(;_;) (;_;) (;_;) (;_;)
>涼風さん

あたたかいお言葉ありがとうございます(;_;)

発見時、両方の目の周りにはハエの卵が産みつけられていて、
まぶたは膿で開かず、鼻はぐずぐずで呼吸も苦しそう・・・という
酷い状態でした。でも、どろっとした膿がでてもしかしたらもう
ないかも、と覚悟した目は両方ちゃんとありました。
いっしょうけんめい動いていたし、きっと元気になると信じていたの
ですが・・。
もっと早く発見していればとか、もっと上手に看護できなかった
のかとか、いろいろ思ってしまいます。でも、今はきっと虹の橋の
たもとで元気に暮らしていることでしょう。
私のことを待っててくれるかな。

偶然に病院でお会いした 某様も、病気の猫さんを連れて
きていたのですが、同じ日に亡くなってしまったんだそうです(;_;)

ぐっちゃんが毎日ここで元気に鳴いたり笑ったり怒ったりしている
ことを、あたりまえだと思っていました。でも決してそうではないのだ
と今さらながらに強く実感しています。

一緒にいてくれる小さな命は、かけがえのないもの、存在自体が
奇跡の塊なのだと思いました。

涼風さんも、ちゃたくんをめいっぱい可愛がってあげてくださいね!

2011/08/30(火) 00:33:35 | URL | meeyan #-[ 編集]
辛かったですね
meeyanさん、どんなにか一生懸命に看病されたことでしょう・・・

黒猫ちゃんは、誰かに慈しまれながら天国に行くことができて、
淋しくなかったと思います。
黒猫ちゃんも猫の神様も「ありがとう」って言ってるでしょうね。
2011/08/26(金) 23:27:25 | URL | 涼風 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。